So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
その他 ブログトップ
前の5件 | -

今年初鳴き [その他]

朝6時半ごろ、セミが鳴いていました。
1年経つのが早いものです。
nice!(0)  コメント(0) 

母のお兄さんの事3 [その他]

6月14日に母のお兄さんの所持金の残りと貯金通帳、家の鍵を管財人の弁護士さんに渡してきました。
これで、私が管理していた母のお兄さんについての事がすべて終わりました。
家屋と土地を購入希望者が居るようですぐに家屋にある家財などの処分の査定に業者に入ってもらうようです。
母にとっては幼少の頃戦争をあの家で経験し、疎開など辛い時代を過ごしたようで、その頃の記憶が
ほとんどないと言っています。
辛い出来事は思い出したくもなく、記憶から消し去っているようで、あの家がなくなることも
なんとも思っていないのが手続きとしては簡単に済ますことが出来ました。
入院の前に母のお兄さんが、なぜか創価学会に入ったりして不可解な事や世話をしていた人が
(学会員)、母のお兄さんの死後4日で亡くなったりして不気味でした。
まだいろいろと問題が残っています、余裕が出来ればセキセイの写真でもUPしたいと思っています。

nice!(0)  コメント(0) 

母のお兄さんの事2 [その他]

昨日、母が相続放棄した母のお兄さんの土地家屋の件で
社会福祉協議会から電話がかかってきました。
ようやく、管財人(弁護士?)がついたとかで家の中を見せて欲しいと言って来て
鍵も同時に引き渡しで弁護士からこちらへ電話しても良いかと言う事を伝えられました。
土地は結構あるんだけど3分の1道になっていて家を建て直すなら今より奥へ
引っ込めないといけないらしく、なかなか売れそうにない土地らしくて負債を含めた
相続をするのはリスクありすぎるので相続放棄しました。
管財人に鍵渡してバトンタッチ出来そうなのでやれやれです。

これとは別で、父の生まれ育った家の権利が3兄弟のままで現在父の弟が視覚障碍者で1人で住んでいます。
他の兄弟はもう住まないので持分放棄で家の登記を父の弟に変えるため、またバタバタと・・・。
父の弟の子供たちが動いてくれれば良いんですが、なんだかなーー
僕ばかりが動くはめになって、疲れ果てています。
なんか体力なくなったわ・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

母のお兄さんの事 [その他]

母のお兄さんの事を2017年6月24日に書きましたが、2017年9月6日に亡くなりました。

母と僕は昨年のゴールデンウィーク前に母のお兄さん、叔父さんからの携帯から今入院していると
言う話を聞き、主治医が親族と話があると言う事を聞きました。
叔父さんは3月の半ばから入院してたようで昔お世話になっていた棟梁の奥さんにしんどそうにしている
叔父さんを見かねてタクシーで病院に連れて行ったそうです。

叔父さんは家屋と土地を担保に大阪府社会福祉協議会から生活資金の貸し付けを受けていたそうで
貸付限度額を超えたので、生活保護に切り替わっていたそうです。
生活保護に切り替わった際、その連絡も母にはなかったようでいきなり連絡で叔父さんが入院されている
主治医と面会日を決めて足の悪い母を連れて主治医の話を聞きに行きました。
主治医は開口一番、片方の肺が完全に真っ黒で、肺にたまった水を抜いたのを検査に出したけど異常はなく
しかし、ただ事ではないと言う事で本人が出した血痰を調べたところ、厄介ながん細胞が見つかったと
説明を受け、このレントゲンの状態では末期のがんであると思われるという説明を受けました。
詳しい検査はここではできないけど、年齢、がんの進行度を考えると残された日々をどう過ごすか?
考えられてくださいと言われました。
本人さんも同席していましたけど、実感なくただ居ました。

主治医の説明のあと、叔父さんにいつから具合が悪かったのか?尋ねると去年の暮れからと言う事で
昔世話になった棟梁の奥さんがご飯の世話等してくれていたと言う話でした。
家の方も気になるし、今後僕が郵便物や家の見回りをするからと言う事を告げ、世話になった棟梁の奥さんの
連絡先を聞いて、世話になったお礼を伝える事をすることにしました。
郵便物を取りに叔父さんの家を訪問したところ、なぜか創価学会の仏壇が置いてあり、親兄弟の位牌は
棚の上に無造作に追いやられていました。
叔父さんのこの先の事を思うと、この家に戻ってくることは難しく面倒なことになりそうなので
叔父さんの了解を得て、創価学会である棟梁の奥さんに仏壇の引き取りを学会員である奥さんに
仏壇の面倒を見れないから引き取ってくれないか?と僕からも電話で、叔父さんも直接言ったわけなんですが
叔父さんの病状は学会員の奥さんにも本人に秘密にしてくれと言って伝えてあるにもかかわらず
仏壇を引き取ると祟られると、そんなことを本人に言ったわけなんです。
これは、話にならんと思い、僕の同級生にも学会員が居てその女の子に事情を説明して秘密裏に
仏壇を引き取ってと言ったところ統監が違うからできないとかで、地区の人を紹介するからその人に
言ってくれと言うことで、たらいまわし?
それでどうなったと思いますか?
叔父さんが住んでいる地区に統監がなくて紹介者の所の統監になっているからと言って,結局棟梁の奥さんに
そのことが伝わり、秘密裏にならなくなり(祟られると言う話をされたから秘密裏に仏壇を引き取ってと言う事)
創価学会組織のおかしさに激怒、さらに家を訪問したときになんと入院する1週間前に創価学会に入信
おめでとうって印字された、どこかの会館で写された写真が出てきました。
去年の暮れから具合が悪くて世話をしてくれてたんなら、なんで親族に連絡するようにさせなかったのか?
もっと早く病院に連れて行ってたら少しでも楽な生活が出来た時間が取れていたかもしれないと言うのが
頭をよぎりました。
入院する直前に創価学会に入信させますか?
入院する人の家に仏壇置きますか?
仏壇の世話をする人が居ない家に仏壇を置いたままで平気ですか?
家族の位牌を棚に押しやって仏壇を置いてそんなことを平気でさせる事は異常じゃないでしょうか?
それが宗教を信仰されている人の取る行動ですか?
主人のいない家に仏壇を置く意味が理解りません、それを引き取ってと言ったら祟られると言われる
意味が理解りません。
銀行口座の把握、管理、役所との連絡をスムーズにできるようになったのはそれから1カ月ほどかかりました。
叔父さんは1か月半を境に見るからに呼吸が苦しく弱っていき、なんどか廊下で突然倒れてから
寝たきりになりました。
まだ元気だったころに連絡があり委任状などの手続きにどうにか間に合って良かったです。
連絡が来て4か月で亡くなってしまったんですが、棟梁の創価学会員の奥さんに葬儀後、無事終わりましたと電話で伝えてその翌日
創価学会員の棟梁の奥さんが家で亡くなっていたそうです。
違う創価学会員から連絡が来ました、一応連絡しときますと言う事で。
元々、がんを患っていたそうで手術もされたように聞きました、そうだとしてもこの偶然はどういう事でしょうか?
拝んで治るんなら、みんなハンドパワー出しまくりますよw

創価学会って異常です、同級生も含めて人は良いんだけど自分と言うのが無いんですよね。
自分でものを考えられないと言うか、奴隷?自虐?
創価学会員と話をする機会もありますが新聞とかに勝利とか、意味不明です。
完全に頭がいかれてるとしか思えないです、宗教に勝ち負けなんてあるのでしょうか?
創価学会員を見るとマイワールドの世界しかなくて会話になりません。

叔父さんを通して見た創価学会は考えられないほどおかしい理屈で成り立っているとしか思えないです。




nice!(0)  コメント(0) 

(2018年)明けましておめでとう御座います。 [その他]

明けましておめでとう御座います。
皆さんにとって良き年になりますように。

年長のうっきーさん、寝てる時間が長くほとんど動きません。
時々急に鳴きますw
主張しますww
若鳥とは遊ばないです。

あと一番小さい、ちーちゃんが羽をむしり取るようになり動物病院でカラーをつけていますが
背中の羽を首をうまく曲げてむしり取っています・・・
こういう場合の対応方法をご存知の方が居ましたら教えていただけましたらありがたいです。
なんでかなー、急に変な癖を持ってしまいどうしようもありません。

2018_1.jpg

2018_2.jpg

2018_10.jpg

2018_3.jpg

2018_4.jpg

2018_5.jpg

2018_6.jpg

2018_7.jpg

2018_8.jpg

2018_9.jpg

2018_11.jpg

みんなとりあえず元気で居ます。
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - その他 ブログトップ